ブログblog

2020.05.29ブログ

お口のケアとウイルス感染予防

こんにちは

だんだんと暑くなってきましたね…

今年の夏は、マスク着用により熱がこもりやすい為

熱中症が増えると予想されています。

こまめに水分補給をして、これからの夏も頑張りましょう!

 

話は本題に戻りまして…お口のケアが、ウイルス感染予防になることご存知ですか?

先日、定期検診にいらっしゃった患者様が、在宅勤務が増えて1日に磨く回数が

減ったとおっしゃっていました。

皆さまはどうでしょうか?

 

ウイルスへの感染予防は、定期的なお口のケアが効果的です。

インフルエンザへの予防効果は明らかになっており、新型コロナウイルスにおいても

予防効果があると考えられています。

 

なぜ予防効果があるかと言いますと…お口の中にはウィルスの感染を助ける

細菌がいるからなんです。

ウイルスは口からも感染します。感染にはウイルスが粘膜細胞に入り込む必要があり、

歯周病菌が持っているプロテアーゼという酵素がその手助けをしています。

お口のケアを怠り歯周病菌が増殖すると、ウイルスにとって格好の感染環境になります。

歯科でケアを行い細菌を減らすことは、ウイルス感染への重要な予防策になります。

 

また、高齢になると飲み込む力が弱くなり、むせることが多くなります。

このとき、お口の中の細菌が肺に入り込み、誤嚥性肺炎を引き起こします。

もし同時に新型コロナウイルスに感染すると、重篤化する恐れがあります。

そのため、お口のケアで細菌を減らすことは、大切になってきます。

 

外出自粛で、歯科でのケアに間隔があいてしまう方は、まずは下記のセルフケアを

徹底しましょう。

 

1日に磨く回数を増やし毎食後の1日3回

フロス・歯間ブラシの利用

ハブラシだけでは、歯と歯の隙間などのプラーク(歯垢)が約40%も取り残すという

調査結果が出ています。是非取り入れてみてください!

洗口剤も合わせて使う

毎回の歯磨き後に、洗口剤を使用することで抗菌効果が期待できます。

洗口剤:リステリンなどのお口をゆすぐ液のこと

 

定期的な歯科でのプロケアは、お口のトラブルだけでなくウイルス感染予防にも重要です。

院内感染予防の対策も万全に行っていますので、どうぞ安心してご来院下さい。

 
SHARE
シェアする
[addtoany]

ご予約

お電話からご予約を承っております。