割れてしまった歯の治療(エクストルージョン)

お問い合わせはこちら

割れてしまった歯の治療(エクストルージョン)

割れてしまった歯の治療(エクストルージョン)

2021/08/04

はじめに

皆さんこんにちは。新橋にある歯科のナンバデンタルオフィスです。

前のブログで、歯茎の所まで歯が割れてしまった時に、抜かないで治療を行う方法(エクストルージョン)についてお話しました。

残念ながら、エクストルージョンはどのような状態でも、歯を残すための治療が行えるわけではありません。

場合によっては抜歯せざるを得ないのです。

ですが、抜歯でもエクストルージョンが行えないわけではありません。

では、どの状態だと抜歯なのかお話していきましょう。

抜歯が必要な歯

1.虫歯が大きくなり、歯質が薄くて強度がない場合。

 

2.歯の支えが少なく、支えきれない場合。

 

3.歯を残した時に、隣の歯の犠牲が大きい場合。

 

4.処置を行うことにより、大臼歯の根の二股に分かれている部分が露出してしまう場合。

抜歯後の治療

抜歯後どのような治療を行っていくのかが、患者様にとって一番気にされるところだと思います。

一般的に抜歯後の治療は、「インプラント」・「ブリッジ」・「部分入れ歯」となります。

ですが、今回はエクストルージョンを行った上での抜歯になるので、普通の抜歯とは少し用途が違います。

 

《インプラント》

・エクストルージョンを行い、骨や歯肉を作る

 

《ブリッジ》

・何もせずに抜歯を行った場合と比べて、抜いた所の歯肉が引き上がるので、歯が長くならない

・ブリッジの清掃性が良くなる

 

《入れ歯》

・抜いた所の土手(歯肉)が温存でき安定性の良い入れ歯が作れる。

治療の流れ

1.エクストルージョンを行う。

      ↓

2.歯の周りに歯槽骨ができたり、歯肉の退縮がなくなったら抜歯をする。

      ↓

3.インプラント・ブリッジ・入れ歯の治療を行う。

 

※エクストルージョンの詳しい治療方法は前のブログで →こちら

さいごに

抜歯せざるを得ない場合でも、その後の見た目や治療内容の技術によっては、歯科により大きく変わっていきます。

当院では、審美歯科としての治療を行っているため、見た目の綺麗さはもちろん、先生の治療技術も高く、数多くの外科的手術も行ってきました。

何かお困りのことがございましたら、新橋にある歯科のナンバデンタルオフィスまでご連絡下さい。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。