メタルコアとファイバーコアの違い

お問い合わせはこちら

メタルコアとファイバーコアの違い

メタルコアとファイバーコアの違い

2021/06/04

はじめに

皆さんこんにちは。新橋にある歯科のナンバデンタルオフィスです。

突然ですが、皆さんは『コア』というものをご存知ですか?

コアとは、被せ物をつけるために必要な土台部分のことです。

コアにも種類があり、その違いやコアについて詳しくお話したいと思います。

コアとは?

まずコアとは、先ほどもお伝えした通り被せ物をつけるために必要な土台のことです。

 

強い痛みや大きな虫歯があったり、根の先に病巣がある場合などのときに、歯の神経を取る治療を行います。

根の治療を行うと、歯の中心は空洞となりこのままでは強度がなく、被せ物をつけることができません。

そこで必要なのがコアなのです!

コアには、ファイバーコアとメタルコアがあります。

では、それぞれについて詳しくお話していきましょう。

メタルコアとは

初めにメタルコアからご説明します。

メタルコアとは、保険診療にて使用されている金属の土台(コア)です。

メタルコアは強度があり歯根との接着力が強く、保険適用なので費用が安価で済みます。

ですが、メタルコアは歯質と比べると非常に硬いので、噛み合わせていくうちに歯の根に負担がかかり、根が割れてしまう可能性があります。

また、金属なので被せ物をつけた際、金属が透けて見えてしまい歯が黒ずんで見えてしまいますし、長年使っていると金属の成分が溶け出し、

錆びてしまったり、歯茎に着色し黒ずんでしまう可能性があります。

さらに、金属アレルギーを発症してしまう危険性もあります。

 

メタルコアは安価で行えますが、リスクが高いこともありデメリット部分が多いと思われます。

では、ファイバーコアはどうなのか・・・?

ファイバーコアとは

次に、ファイバーコアです。

ファイバーコアは、グラスファイバーとコンポジットレジンで作られるコアです。

強度と耐久性に優れており、柔軟性もあります。

硬さや弾力性が天然歯と近く、噛んだ時に強い力がかかっても歯質とファイバーコアで力が分散され、歯根の破折を防ぐことができます。

メタルコアでは被せ物をつけるとき金属が透けてしまいますが、ファイバーコアは白くて光を透過するので、歯が黒ずんで見えてしまう心配がありません。

また、歯茎が黒ずんで来てしまったり、アレルギーの心配もないので安全です。

ですが、ファイバーコアは自費診療なので安価ではないことがデメリットとなります。

まとめ

<メタルコア>

~メリット~

・強度があり歯根との接着力が強い

・保険適用なので費用が安価

~デメリット~

・歯根に負担がかかり、根が割れてしまう可能性がある

・金属が透け、歯が黒ずんで見える

・金属が溶け出し錆びてしまったり、歯茎に着色し黒ずむ

・金属アレルギーを発症してしまう

 

<ファイバーコア>

~メリット~

・強度があり、耐久性と柔軟性がある

・噛んだ時、力が分散され歯根の破折を防ぐ

・材料が白く、光を透過するので歯の見た目が審美

・錆びたり、歯茎の黒ずみが起きない

・アレルギーが起きない

~デメリット~

・自費診療なので安価ではない

さいごに

メタルコアとファイバーコアについて違いをお分かり頂けましたでしょうか?

メタルコアは安価ですがデメリットが多く、ファイバーコアは安価ではないですがメリットが多いです。

歯は一生もので、今後を考えずその時の金額のみで考えてしまうと、何年か後に悪化しまた治療を行ったり、最悪の場合歯を抜かざる終えなくなってしまうこともあります。

「あの時あの選択をしていれば・・・」と後悔しないためにも、きちんと違いを知り治療を行うことが大切です。

 

根の治療、築造(コア)、被せ物などでお困りの方がいらっしゃいましたら、新橋・歯科のナンバデンタルオフィスまでお気軽にご連絡下さい。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。