審美歯科とは?

お問い合わせはこちら

当院の審美歯科について

当院の審美歯科について

2021/06/07

審美歯科について

みなさんこんにちは。ナンバデンタルオフィスです。
今回は、当院の診療科目の1つである「審美歯科」についてお話したいと思います。

「審美歯科」にどのようなイメージをお持ちでしょうか?
ホワイトニング、歯列矯正、セラミックやジルコニアなどの白い補綴物でしょうか?
他にも、自費診療になるので値段が高額になる…などでしょうか。

歯科治療は主に2種類に分けることができます。

1.虫歯や歯周病を治す・よく噛める様にするといった機能的な面
2.白く形の良い歯にする・歯並びを整えるといった美観的な面

この両方を満たしたものを、審美歯科治療といいます。
機能的で美しい歯は、精神面にも大きな影響を与えます。

患者様ご自身が、何を改善したいのか、どの様な姿になりたいのか、といったイメージを持つことが大切です。
 

補綴の種類について

当院で扱っている、補綴物についてご紹介します。
(上の写真はポーセレンインレーを接着した歯です。)

【ポーセレンインレー】

100%陶器でできた歯の詰め物で、セラミックインレーとも言われます。
当院のポーセレンインレーは、院長が自ら作製します。(機械で自動的に削って作るものではありません!)
天然歯の色調を再現するために、色を重ねて、立体的になじむように作製しております。
天然歯と区別がつかないほど自然で、患者さまからも大変ご好評頂いております。
銀歯から白い歯に変えた患者さまは特に驚かれます。
耐久性に優れているので、長い間お使い頂けます。
 

【ジルコニアクラウン・インレー】

ジルコニアはよく知られていますよね。
非常に優れた強度・美しさをもつので、人工ダイヤモンドとも言われます。
セラミックスよりもずっと強度があるので、歯ぎしりや食いしばりの力が強い人でも白い歯を入れることができます
歯ぎしりや食いしばりが強く、ポーセレンインレーだと耐久性の面で心配だと判断した場合は、ジルコニアインレーをお薦めする場合がございます。
前回のブログでお話しましたが、ジルコニアクラウンを入れる場合は土台(コア)の形成が必要です。
ファイバーコアと合わせて入れることで、透明度も上がり、天然歯と同様の歯を手に入れることができます。
メタルフリーなので、金属アレルギーの方も安心してお使い頂くことができます。

治療回数やお値段につきましてはこちらをご覧ください。
 

型取りについて

患者様のお口へ補綴を入れるまでの過程に、「型取り(印象採取)」があります。
この型取りが上手くいかないと、補綴が上手く接着できません。

簡易的な型取り(3分程)と精密な型取り(10分程)があり当院では被せ物の場合は精密な型取りを行います。
大きくお口を開け頂いて、大変な思いをされていらっしゃることと存じます。
患者様のご協力あってこそ、良い補綴を入れることができます。
ご協力頂きまして、ありがとうございます。

ブリーチングについて

当院では、患者様がご自身で行っていただく「ホームブリーチング」をご案内しております。
自然な白さを手に入れることができます。通院の必要がなく、患者様のタイミングで行うことができます。
通院して行うオフィスブリーチングと比べて、白さが持続するのでオススメです。
ブリーチング用の歯型さえ採ってしまえば、あとは患者様ご自身のペースで
少し時間がかかるのが難点えすが、メリットの方が多いと思います。

上図の様に、トレーに米粒分ほどの量を置いていき、装着します。
まずは、3時間1週間の着用を続けてください。
凍みてしまって、毎日続けられそうにない場合は、2日おきに行ってくだいね。
また、ブリーチング材がトレーからはみ出て、歯茎に付いてしまった場合は必ずとってください。(赤みが出てしまう場合があります)

こうしたホワイトニングで、歯に悪影響があるのではないかと心配される方がいらっしゃいます。
歯が脆くなったりすることはありませんのでご安心ください。

お値段につきましてはこちらをご参照ください。
ジェル1本で約1週間分の量です。

以上、当院でご案内している審美歯科治療のご紹介でした。
詳しいことが知りたい、質問がございましたら、お気軽にご相談下さい。
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。