酸蝕症にご注意です!〜対策も教えます〜

お問い合わせはこちら

夏…酸蝕症にご注意です!
〜対策法も教えます〜

夏…酸蝕症にご注意です!〜対策法も教えます〜

2021/06/24

この夏、気にかけてほしいこと

みなさんこんにちは。新橋のナンバデンタルオフィスです。
この頃ジメジメとした暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 
こんな日は、炭酸飲料や清涼飲料でスッキリしたいですよね。
最近は飲むお酢なども流行っていて、酸味がたまらなく美味しいですよね! 
こうした飲み物を飲むときに、少し気にかけてほしいことがあります。 

この時期、特に注意なのが酸蝕症(さんしょくしょう)といわれる症状です。
日本では、およそ4人に1人が酸蝕症といわれています。

酸蝕症って?

蝕症とは、飲み物に含まれる酸が歯を溶かすこといいます。

歯の表面は、エナメル質で覆われており、人体で最も硬い組織ですが、非常にデリケートです。
炭酸飲料や清涼飲料に含まれる酸が、エナメル質を溶かしてしまいます。
エナメル質の下には、軟らかい象牙質があります。
象牙質が剥き出しになった状態で食べ物を食べると、歯がどんどんすり減り、知覚過敏や虫歯の進行を加速させます。
補綴物(銀歯など)が取れやすくなることもあります。
見た目としては、歯が透き通ってきたり(健康なエナメル質は半透明です)、丸みを帯びてきます。

一度溶けてしまったエナメル質は元に戻らないのかというと、そうではありません!
脱灰の段階なら、再石灰化されることがあります。
(残念ながら虫歯になってしまった場合は、歯科医院で治療を受けてくださいね)

脱灰?再石灰化?

上に出てきた、「脱灰」「再石灰化」について少し説明させてください。

【脱灰】
炭水化物や砂糖を原料として、水には溶けないプラークを作り、酸を作り出します。
その酸によってエナメル質からリンやカルシウムが溶け出すことを「脱灰」といいます。

【再石灰化】
お口の中は、唾液の働きによって、酸性に傾いたpHを中和します。
その時、唾液の中のリンやカルシウムが、歯の表面のエナメル質に戻ることを「再石灰化」といいます。

これを食事をする度に繰り返しています。

対策法をお伝えします

上の写真は、飲み物のpHを表しています。
pHの数値が低いほど、酸性度は高くなります。
みなさんの好きな飲み物はありましたか?
ちなみに、お酢のpHの数値は3〜2です。
それでは、対策法を5つ紹介したいと思います。

 

①直後に歯を磨かない
酸により、歯が柔らかくなっているためです。
歯磨きをする場合は、30分程経ってから。又は、水でお口をゆすいでからにしましょう!
再石灰化を促す歯磨き粉(薬用ハイドロキシアパタイト配合)を使って歯磨きをするのも◎です。

②唾液の緩衝能(唾液を正常なpHに保とうとする働き)を増強する
牛乳やチーズなど、脱灰を阻害するカルシウムやリンを含む食べ物と、酸性を含む食べ物を同時に食べること。
酸性食品→牛乳やチーズなどを順番に食べることでも、緩衝能を増強することができます。
無糖のガムや飴を食べて、唾液を出すのも良いです◎

~再石灰化を助ける食べ物~
牛乳・チーズなどの乳製品・納豆などの大豆製品・小魚・ひじき・卵・お米・豚肉・牛肉… など
ビタミンDやビタミンA、ビタミンCを多く含む食べ物も良いので、バランスの良い食事を心掛けてください。
これらを食べたとしても、虫歯にならないことにはなりません。きちんと歯磨きをしてくださいね。
NHK for Schoolに、身近な物のpHの数値を計る動画がありました。
是非、ご覧になってみてください。

③就寝前に食べる、飲むを控える
就寝中は唾液の量が少なくなるので、再石灰化が行われません。
少なくとも30分前には食べ終えて、歯磨きをするようにしてください。

④口に入れる頻度を少なくする
お酒などを少量ずつ飲んだり、長い時間お口に含んだりしないようにしましょう。
(お酒好きには辛いかもしれませんね)

⑤サプリメントに切り替える
身体の健康の為に、飲食しているものがあるのであれば、サプリメントに切り替えるのも1つの手です。

酸性の食品や飲み物を口に入れる習慣があっても、対策をすれば習慣を変える必要はありません。
大好きなフルーツなどを食べることをやめて辛い思いをしてしまうのは、たとえ歯が健康になっても嬉しくありませんよね。
対策をすれば、歯を守りつつ、楽しい食事時間を過ごすことができます。
今からでも遅くありませんので、是非実践してくださいね☆

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。